PHI Pilates Chair Instructor Course
チェア インストラクター養成コース

チェア インストラクターコースとは

PHI Pilates Chair コースは、ピラティスチェアという器具を使用して行うマシンピラティスの指導方法を学びます。特殊なバネを使用して行うエクササイズで、座りながら行えることはもちろん、全ての体勢でピラティスを行います。主に体幹へのCKC(特にコントロールドキネティックチェーン)がわかりやすく、体幹の筋群の使い方がはっきり認識できるようにさせられるでしょう。強度が弱く、感覚入力を作り出すものや、アスリートレベルにまで高度に技巧性を高めたエクササイズがあり、そのコンパクトさから運搬もしやすく重宝されるピラティス器具の一つです。

開催日開催地講師備考
2022年
5月22日(日)
5月29日(日)
大阪・北浜亜弥定員9名
再受講可
2022年
6月4日(土)
6月11日(土)
東京・田園調布濱田 英明定員6名
再受講可
両日 11:00 ~ 18:00
2022年
7月10日(日)
7月17日(日)
東京・北参道青山 竜太定員6名
再受講可
2022年
7月24日(日)
7月31日(日)
東京・新宿岡本 啓定員6名
両日: 10:00-17:00
再受講可
2022年
8月3日(水)
8月10日(水)
神奈川・横浜野崎 直両日: 11:20-19:20
定員4名
最低催行2名
2022年
8月12日(金)
8月19日(金)
東京・新宿岡本 啓定員6名
両日: 10:00-17:00

PHI Pilates 認定 マット Ⅰ/Ⅱ インストラクター または PHI Pilates 認定 リフォーマー Ⅰ インストラクター、どちらか1つに合格・修了している方が対象です *。

開催初日の 1 週間前までに、下記のフォームよりお申し込みください。それ以降のお申し込みは、PHI Pilates Japan 本部までお問い合わせください。

特に備考欄に記載がない場合、通常の受講時間は、10:00 〜 17:00(休憩約1時間を含む)です。

* 両方合格していなくても、どちらか1つに合格・修了していれば受講できます。

受講資格 : マット Ⅰ/Ⅱ インストラクター
      リフォーマー Ⅰ インストラクター

受講資格 : マット Ⅰ/Ⅱ または リフォーマー Ⅰ インストラクター

チェア インストラクターコースは受講制限があります。PHI Pilates 認定 マット Ⅰ/Ⅱ インストラクター または PHI Pilates 認定 リフォーマー Ⅰ インストラクター、どちらか1つに合格・修了している方が対象です。
* 両方合格していなくても、どちらか1つに合格・修了していれば受講できます。

オンライン受講は行っていません

コース内容 : 実技講習 2日間

PHI Pilates創始者でありカリフォルニア大学ペンシルバニア校教授のChristine Romani-Ruby氏が認めた養成講師により、2日間の実技講習を行います。

ピラティスの中でも数少ない座位と立位のピラティスが行える器具で、より日常生活に近い状態でピラティスの指導ができるように学んでいきます。Lumbo-Pelvic dysfunction(腰椎と骨盤との異常メカニズム)の矯正、身体幹や脊柱の柔軟性とバランス力向上、コアのコントロール力の向上、理想的な股関節の使い方の学習につながります。

受講料

160,800円 (9月1日以降の養成コース 168,840円) (税込)
製本テキスト 3,850円 (9月1日以降の養成コース 4043円) (購入任意 税込・送料込)

インストラクター取得方法

コースを受講するとインストラクター資格が授与され、修了できます。

インストラクター資格の継続について

チェア インストラクターコースを新規受講するとインストラクター資格を継続するための、カテゴリーA-2の 6 CEUを取得できます。再受講でもCEUを取得できます。詳しくは資格更新制度(CEU制度)をご確認ください。

Chair Instructor 資格を取得したら

以下のようなインストラクターコースを受講できます。

Chair Instructorが活躍できる場

  • ピラティススタジオ
  • 接骨院・鍼灸院
  • 医療機関(病院・クリニック・リハビリテーション施設など)
  • フィットネスジム・ヨガスタジオ
  • 団体(プロチーム・実業団・法人企業など)
  • フリー(個人など)

PHI Pilates インストラクターコース

PHI Pilates 養成コース